LoT ラブオーティー

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のためIT活用ブログ

スポンサーリンク

IoT/WSN

【トラブルシューティング】XBee ZB S2Cがネットワークに参加できない等

更新日:

Xbeeモジュールを使っていて、私が困惑した点を共有したいと思います。そして、その解決方法として、私が行っていることを紹介します。いくつかあるので、良かったら参考にしてください。

 

Action Requiredの画面がずっと出てくる。

エンドデバイスをPCから直接シリアル通信で操作しているときに、起きたトラブルです。いつからかずっと、その画面が出てくるようになってしまいました。


最初は、「なんでだろう??」と思っていました。XCTUで設定を変えるたびに、リセットボタンを押さなければならなくて、どこか壊れてないか、不安になってきました。なので、何が原因か調べました。簡単なことでした(笑)


スリープモードになってるから!



はい、これだけです。スリープモードとは言え、PCから直接ATコマンドを送った場合は、仮にスリープモードだとしても受信してくれるものだと思っていたのですが、違いました。なので、"Action Required"という画面が出てきたのです。つまり、スリープモード(SM)のパラメータを0(No Sleep)にすれば解決します。スリープモードに関する実験を行っている場合は、仕方ないですね。Action Requiredされたら、リセットボタンを押しましょう。


それでもどうしても、直らない場合は最後の手です。

XCTUのToolsタブの「XBee Recovery」を押します。これは、今まで設定したパラメータやネットワーク情報など、全てが購入当初の状態に戻るので要注意です。どうしてもダメだと思ったときにやってくださいね。

Networkに参加できない

基本的にネットワーク情報があっていれば、そのネットワークに参加できるはずなのですが、時々私のように不可解な事態に遭遇します。

「PAN IDなどのネットワーク設定は出来ているはずなのになぁー」というときの話です。

PCとXBeeを直接つなげて操作する場合は、XCTUからそのデバイスのネットワーク構成が見れます。購入当初、私は1対1で、コーディネーターとエンドデバイス(もしくはルータ)で通信させて色々やってました。ケーブルを抜き差ししたり、ごちゃごちゃ設定をいじって、再度ネットワークを探すと「0new device(s) found」という結果になってしまうときが時々ありました。同様に、スキャンしても何も見つからない状態になることがあったので、その際の私の対処方法です。


まずは下の画像のように、Networkingに関するパラメータをいじる項目に、JV(Channel Verification)という蘭があります(MACアドレスの一部を黒消ししてあります。)

このパラメータは最初"0"に設定してあります。この値を"1"に変更します。このJVというパラメータは、ルータの電源が入ったときに、今自身が保持しているネットワークに関する情報と、ルータと同じチャネルにいるコーディネーターのネットワーク情報とを比較して、情報を更新します。もし同じチャネル上にコーディネーターがいなければ、そのままルータが起動時に保持していたネットワーク情報で動きます。ここは"1"にしておいた方が良いと思います。



これでもネットワークが見つからない場合は、COMMISSIONINGボタンを押します。秋月電子とかで販売されているXBee用のUSBインターフェース基盤を使えば、便利です。もしそれをもってない場合は、モジュールの20番ピン(Digital IO 0)を使用します。このピンは標準で、COMMISSIONINGボタン用のピンです。なので、この端子に自分が持っているボタンを接続すれば完成です。COMMISSIONGボタンを押すと、ルータが現在保持しているネットワーク情報すべてを捨てて、再度最新の情報を拾う動作をします。



これでネットワークにつながると思います。もしスキャン等をしても、まだ見つからないようでしたら、XBeeモジュールを再接続してみてください。



以上です。私が戸惑った点を共有しました。これを読んでいるあなたの助けになれば幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-IoT/WSN

Copyright© LoT ラブオーティー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.