LoT ラブオーティー

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のためIT活用ブログ

スポンサーリンク

検証

windowsのSoftAP機能で自分PCをルータ化してみた!

更新日:

今回は、、、

 

これが出来ると、

あなたのスマホをより便利に

使えるようになります!!

SoftApとは!?

 

PCをアクセスポイント(ルータ)にすることで、タブレット等を

PC経由でインターネット接続できるようにするためのものです。

 

簡単に言うと、逆テザリングするための機能です。

 

PCがソフトウェア・ベースで動くAP(アクセスポイント)

ということからこの名前が付いてます!

※SoftApはwindowsに標準搭載された機能です。

SoftApはどうやって使うのか?

 

まずコマンドプロントのアイコン右クリックします。

そして画像のように管理者権限で実行させます。

 

コマンドプロントが立ち上がったら、

以下の画像のようにコマンドを打ちます。

 

netsh   wlan   set   hostednetwork   mode=allow

 

netsh   wlan   set   hosetdnetwork   ssid=〇〇〇

(ssidです。小文字で入力してください。)

 

netsh   wlan   set   hostednetwork   key=〇〇〇

(パスワードが英数字8文字以上です。)

 

netsh  wlan start hostednetwork

 

アクセスポイントの機能を止めるときは、

netsh  wlan stop hostednetwork

 

ちなみに、netsh(ネットシェル)は、

コンピュータのネットワーク設定状況を見たり、

変更したりするためのコマンドです。

 

wlanは、無線LANの意味です。

 

hostednetworkは、そういうものだと覚えてください。

 

実際にやってみるとこんな感じです。

 

スマホやタブレット端末でAPの検索してみてください。

あなたが先ほど指定したSSIDが検索結果に表示されるはずです!

 

もしSoftApに上手く繋がらな場合

例えば、設定したSSIDに接続しても、

実際にWi-Fiのマークが入らない場合など、

今から紹介する設定を確認してみてください。

 

  1. コントロールパネルを開く
  2. ネットワークとインターネット
  3. ネットワークと共有センター
  4. 画面左の方にある「アダプターの設定の変更」
  5. 先ほど設定したアダプターをクリック
  6. プロパティをクリック
  7. 共有タブをクリック
  8. 画像のように設定を変更

 

これでSoftApが上手く使えるかと思います。

 

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-検証

Copyright© LoT ラブオーティー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.