スポンサーリンク

検証

Virtual Box上のUbuntuが起動しても、「アカウントが見つかりませんか?」と出て、ログインできなくなった件

投稿日:


先日、Virtual Box上でUbuntuを起動させました。ところが、普段使っているアカウントが画面に表示されませんでした。表示されたのは「アカウントが見つかりませんか?」の文字だけでした。ボタン押してもクリックしても、反応がなくて困りました。





文字が小さくて少し見にくいのですがこんな感じで、今まで使っていたアカウントが画面に表示されませんでした。 今まで通り、普通にログインが出来るようになるために、いくつか試行錯誤しました。 というわけで、今回行った全ての対処法をご紹介します。




Ubuntu「アカウントが見つかりませんか?」の対処策


まずはログインします。Ubuntuを「通常起動」させるのではなく、起動オプションから「ヘッドレス起動」で起動させます。



起動の右下三角>ヘッドレス起動


すると画面がチカチカしながら、起動します。起動後の画面は、通常起動時と変わらず、「アカウントが見つかりませんか?」と表示されます。



ここで、”仮想マシン>GUIデタッチ” をクリックします。



すると画面が一度消えます。



画面が消えたら、Virtual Boxホーム画面の “表示” をクリックします。


すると今まで通りのアカウント表示画面になります。もし一回で出てこなければ、もう一度GUIデタッチを行って下さい。




アカウントが出てきたら、パスワードを入れます。このときあたかも、キーボードが反応してないかのように、画面にはパスワードが表示されません。なので、正確なパスワードが打ててたら、エンターキーを押してください。(※一応、キーボードを押した段階でGUIデタッチを行えば、パスワードが表示されます。)




パスワードが正しければ、そのまま上手いこと起動します。起動後はいつも通りです。



そして問題なのは、VirtualBoxを使うたびにこんなことをやるのは大変ということです。そこで起動後、ディスク容量の使用状況を確認してみると、ほとんどいっぱいでした。というかアカウントのログイン後に警告が出ました。



残りがわずかだったので、まずはディスク容量を増やしてみました。やり方はこちらの記事に載っています。



ディスク容量の固定サイズを変更した後に行ったのは、UbuntuのVirtualBox上の設定変更です。



Virtual Boxの設定で3Dアクセラレーションを有効にする


グラフィックに関してはあまり詳しくは分からないのですが、Virtual BoxではOpenGLやDirect3D 8/9のAPIを通して、画像生成するそうです。そして、この処理が重く、3Dアクセラレーションを有効化すれば軽減出来るそうです。デフォルトでは無効になっているので、これを有効化します。




Virtual Box>設定>ディスプレイ


3Dアクセラレーションを有効化のところに、チェックボックスがあるので、チェックを打ちます。



これで冒頭でお話したトラブルはなくなり、通常通りに起動するようになりました。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-検証

Copyright© 無線&ネットワーク屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.