非モテ男の恋愛VPN

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のための、モテモテになるまで宣言書

スポンサーリンク

検証

VBoxManage.exeでストレージ拡張した際の可変を固定に変更する方法

投稿日:


Virtual Boxでストレージの拡張をするときに、VBoxManage.exeを使います。しかしサイズを変更すると、今までは固定サイズで扱っていたのが、可変サイズ扱いになっています。



今回は可変から固定に戻す方法をご紹介します。


上の画像は、VBoxManage.exeを用いてサイズ拡張した直後のものです。可変サイズのストレージになっています。これを固定サイズに変更します。



まずはVirtual Box起動>ファイル>仮想メディアマネージャーの順で進みます。左上にある「コピー」をクリックします。


フォルダマーク左にある逆向き三角を押して、現在使用している *.vdi を選択します。


vdiを選択したら、次へ進ます。


選択肢の中からVDIを選択して、次へ進みます。


ここで固定サイズを選択します。


任意の名前に変更して、コピーをクリックします。コピー出来たら、次はそのコポーしたものにストレージを入れ替えます。(※コピーを作成するのでホストOSのHDD(SSD)の容量が、作成したサイズ分だけ減ります。)




設定>ストレージ>右の方にあるHDDマーク

このHDDのマークを右クリックして、「仮想ハードディスクファイルを選択」を選びます。


そして先ほど作成したコピーを選択して、入れ替えれば完了です。


固定サイズに変更されました。Virtual Box上のデータもそのままです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-検証

Copyright© 非モテ男の恋愛VPN , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.