LoT ラブオーティー

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のためIT活用ブログ

スポンサーリンク

検証

【完全版】SurfaceBookでUbuntuのUSBブートする方法

更新日:


VirtualBoxとかでメインOSの上に、

異なるOSを仮想化させて、

Ubuntuを動かしていました。



仮想OSを使用した場合、

CPUなどのハードウェアリソースを

ホストOSとシェアするため

処理能力が落ちます。




メインOSとの切り替えがすぐ出来るので

そういう意味では優れていますが、

最近もの足りなさを感じてきました。


「Ubuntuもっと早く動いてくれ!!!」


この思いからUSBブートで

起動させることを決意しました。




あとは単純に女の子に、


「おれはWindowsじゃくてLinux使ってるだぁ~」
(どや顔)


と、言いたい!!!!!(笑)





というわけで、

どのようにやったかその方法を書きます。





大まかな流れは以下になります。

①LiveUSBの作成(USBメモリに起動させたいOSを入れる)

②UEFI(BIOS)でブート優先順を変更(USBメモリを第一優先にする)。

では具体的に順を追って、見ていきましょう。




LiveUSBの作成法


まずOSを起動させるためのUSBメモリを作成します。

これを「LiveUSB」と言います。



ここでは、専用ソフトなどを使わないで、

コマンドで作成する方法を紹介します。

そっち方が勉強にもなるし、

わざわざソフトをインストールする必要もありません。




実際の(フル)インストールは、Ubuntuを立ち上げてから行います。



USBブートをやるなら速度面を考慮して、

USB3.0/3.1対応のものが良いと思います。



ちなみにUSB2.0とUSB3.0は、

理論値で約10倍の速度差があります。



また容量に関しては、

基本的には4GBの容量あれば十分足ります。

Ubuntu18.04のサイズは、

1.75GBくらいだったと思います。





※ここで疑問に思うかもしれませんが、

「それならUbuntuを使っていたら、

4GBなんてすぐなくなるじゃないのか?」




私もUSBブートを始めてしたときは

勘違いしていました。

LiveUSBはただUbuntuを

起動させるためだけのものです。





LiveUSBはUbuntuを起動させて

そこからHDDやSSDなりに

インストールするものです。




一応、LiveUSBでUbuntuを

HDD等にインストールせずに、

実際のOSとして使うことも出来ます。




ただその場合は電源を切ったら、

データが保存されないので、

「Persistance領域を作る」

といった別の作業も必要になります。




※Persistence領域とはデータ書き込み領域のこと。




つまりLiveUSBは、

他の記憶媒体にインストールするか、

データ保存で出来ないがUbuntuを使う

この2パターンの使い方があります。




なんども言いますが、

LiveUSBは本来は、

HDD/SSD等の他の記憶媒体に

インストールするためのものです。



自分は手元に使ってない

16GBのUSBメモリがあったので、

そちらを使いました。




もしLiveUSB内にPersistence領域を作って、

LiveUSBでUbuntuをしっかりと使う場合は、

4GBでは足りないです。

もっと容量の大きいUSBメモリが必要です。




私の場合はLiveUSBを使って、

SSDにインストールするので、

このステップでは4GBあれば十分です。




LiveUSBを起動させると、

メニュー画面(GRUB)が出てきます。

Raspberry Piを触ったことがある人は

分かるかと思いますがあんな感じで、

インストールするorしないの項目があります。




前述のようにインストールしないで、

Ubuntuを使う、という項目もあります。


長くなってしまいましたが、

さっそくLiveUSBを作っていきます!




まず、USBメモリをPCに接続してください。

そして、コマンドプロンプトを

管理者実行権限で起動させます。




コマンドプロンプトが

デスクトップにある場合は右クリックで、

タスクバーにある場合はCtrl+Shiftを押しながら

左クリックで立ち上げれます。





コマンドは以下の手順です。

--------------------------------------------------

diskpart

list disk

select disk

clean

create partition primary

list partition

select partition

active

format fs=fat32

assign

exit

----------------------------------------------------

下の画像は実際の実行した途中までの画面です。

残りは順を追って説明します。

USBメモリを選択して、中身を完全消去します。

①diskpart

このコマンドでディスク管理できるようになる。

ディスクとは、ストレージの基本単位のこと。

ディスクというと、CDやDVD-ROMのような

丸いものを思い浮かべてしまうが、

USBメモリもディスクの一つ。


②list disk

現在のディスク状況を表示。

USBメモリが何番のディスクに

割り当てられているか確認する。

③select disk 〇

上で確認したUSBメモリの

割り当て番号を〇に入れる。


④list disk

念のためにUSBメモリが

しっかり選択されているか確認する。

選択されていれば、

ディスク番号の隣に※印がついている。

ここは確認作業なので、省略可。

⑤clean

USBメモリの中身を完全消去する。

このcleanコマンドは、

エクスプローラーで中身を

全部選択して消去するよりも強力で、

一度cleanをすると、

前の状態に復元するのは不可となる。


誤ってwindowsシステムが入っているディスクを消さないように。


そうすると上の画像のように、

USBメモリ(Dドライブ)が未割当状態になる。

ディスク管理画面を開いてみても、

未割当状態になっていることが確認できる。


ディスク管理画面は、

左下のwindowsマークを右クリックして開ける。

cleanまで出来たら次は、

USBメモリをフォーマットして、

実際にUbuntuを入れていきます。

下の画像は実際の実行画面です。

⑥create partition primary

USBメモリにパーティションを作成する。

パーティションとは一つのディスクを論理的に分けたもの。


ちなみにパーティションは

最大4つまで作成可能 。(MBRの場合)

またパーティション毎に、

割り当てるドライブを分けたりすることも出来る。


色が黒から青に変わったことが分かる。

つまりしっかりパーティションが

作成されたことが視覚的に確認できる。

⑦list partition

しっかりパーティションが作成されているか確認する。

⑧select partition 〇

上で確認したパーティション番号を〇の中に入れる。

⑨active

アクティブにする。


⑩format fs=fat32

任意のファイルシステムを指定してフォーマットを行う。



ファイルシステムとは、

OSが記憶媒体にアクセスするときに、



データをどうやってアクセスするか、

保存方法はどうするか、

などといったルールみたいなもの。


先ほど作成したパーティションに、

新規のファイルシステムを作成する。

オプションとしてfat32の後にquickをつけることで、

フォーマットにかかる時間が短縮出来る。



コマンドプロンプトの画面でも

どこまで完了したか表示されている。



以前LiveUSBメモリを作成したとき、

コマンドプロンプトではずっと0%完了と

表示され続けているエラーがあったので、



一応ディスク管理画面でも

何%終わったか確認できることを頭の隅に置いておいてほしい。

フォーマットにはfat32を選んだが、

exFATやNTFSなど他にもファイルシステムがあるので、

用途に合わせて指定する。


⑪assign

パーティションを新規作成したので、

改めてドライブを割り当てる必要がある。



"assign"で割り当てるのだが、

ドライブ名を指定しなければ、

自動で割り当てられる。



HDDもしくはSSDが一つしかない場合は、

基本的にDドライブに割り当てられる。



したがってもし、

Eドライブに割り当てたかったら、



"assign letter=E"とすることで、

意図的にUSBメモリを

Eドライブに割り当てることが出来る。


⑫exit

終了。



ここまできたらあとは、

Ubuntuのisoイメージフォルダを開いて、

USBメモリにコピペして終わりです。



※本当はEtcherやRufusなどの

iso書き込みツールを使った方が良い。



Ubuntuのisoイメージは

ホームページからダウンロードできます。




これでLiveUSBメモリの作成は完了です。

次はPC起動時にUSBから

OSを立ち上げる設定をしていきます。



USBメモリからOSを起動させる方法


この設定をするには、

UETI(BIOSの後継者)を開かなければいけません。




変更する設定は以下の二つです。

①起動優先順位をUSB>HDDに変更

②セキュアブートの無効(Linuxはセキュアブートが有効になっていると立ち上がらない)



Microsoftのホームページを見ると、

Surfaceではどういうふうに

UEFIを立ち上げるか載っています。



多くのPCは"F2キー"で立ち上がりますが、

Surfaceは"音量アップボタン"で

UEFI画面に移行出来ます。


「ってことはF6ボタンだな!?」

こう解釈した私はまだ

地獄を見ることを知らなかった。



UEFI画面に入るのに格闘すること1時間・・・

「Microsoftの嘘つき!
 すぐWindowsが立ち上がってしまうじゃないか!」

そう思っていたやさき、

電源ボタンの横に、

音量を調節するボタンが!?

「まてよ・・・これってF6ボタンではなくて、こっちのボタンのことか!?」


結局Surfaceで、UEFIに移行するには

電源ボタンの隣にある音量上げるボタンのことでした。

F6キーではありません。(笑)

実際にやってみましょう!




まず音量アップボタンを

長押したまま電源を付けます。



そのまま音量アップボタンは

押したままにしていると、

UEFI画面に移行します。



そしてブートの優先順位を

以下のように変えます。


変更の仕方はUSBをドラッグして

上に一番上にもっていくだけです。

あとは、、、

「セキュアブートを無効にする設定をすれば完了!」

のはずが・・・



結局、優先順をいじるだけで、

Ubuntuを起動できました(笑)



※Ubuntuはセキュアブートをオフにしなくても

良いみたいですが、Kaliなどの

他Linuxではそうはいきませんでした。




これで設定は終了です。

あとはExitタブのRestart nowを

押して再起動してみてください。



もし電源付けたときに、

USBメモリが接続されていれば、

Ubuntuが立ち上がります。



ささっていなければ、

通常通りWindowsが起動します。



Ubuntuをブートさせると、

以下のような画面が出てきます。


ここで"Install Ubuntu"を選択します。

一応"Try Ubuntu without installing"を

選択して起動させることも出来ます。




下の画像のように、

デスクトップ上のアイコンをクリックすれば、

後でインストール出来ます。



Ubuntuをインストールしないと、

シャットダウンしたら初期化されます。

"Try Ubuntu"ということはつまり

Ubuntu のお試しなのでしょう。




Ubuntuをそこそこ使おうと考えているなら、

SSd等にインストールすることをお勧めします。




LiveUSBにPersistence領域を作って、

そのままUSBメモリでUbuntuを使いたい人は、

出来るだけ大容量にした方が良いです。


"Try Ubuntu without installing"を選択すると、

こんな感じで立ち上がりました!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

-検証

Copyright© LoT ラブオーティー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.