非モテ男の恋愛VPN

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のための、モテモテになるまで宣言書

スポンサーリンク

電子工作

【RetroPie】RaspberryPi 3B+でNintendoDSをプレイする方法

更新日:



今回はRaspberyy PiでNintendoDSを動かせるようにしていきます。OSとしてRetro Pieを使っている前提で話を進めていきます。



もしRaspberry Piで動かしているOSが、Raspbianであったりその他Linux OSである場合は、SDカードをもう一枚用意して "Retro Pie" というOSを入れましょう!


簡単にRetro Pieの説明をしますと、Raspberry Piには、Raspberry Piでゲームをやる目的に特化したOSが存在します。"Retro Pie"というOSで、あらかじめ様々なゲームのエミュレータがパッケージみたいな感じでプリインストールされています。なので、RetroPieを使えば多くの場合、わざわざエミュレータをインストールする必要もありませんし、GUIも環境設定するのにとても見やすいです。


こちらでRetro Pieの入れ方について説明してあります。
https://wireless-network.net/raspi-n64-ps3controller/


今回はNintendo DSを動かしていくのですが、残念ながらデフォルトのRetro PieではNindedo DSのエミュレータがインストールされていません。



したがってまずは、"DraStic" というNintendo DSのエミュレータをインストールしていきます。


NintendoDSのエミュレータ:DraSticのインストール



まずはRetro PieのSet-Up画面を開きます。


ターミナルから開く場合は、

sudo ~/RetroPie-Setup/retropie_setup.sh

と叩けば開けます。


GUIから開く場合は下の画面の場所から開けます。


セットアップ画面の中から、"Update RetroPie-Setup script" を選択して、まずはRetro Pieのセットアップ画面を最新版にします。



Updateが終わったら、"Update RetroPie-Setup script" の2つ上の "Manage packages" を選択します。 すると以下の画面になります。その中から、"Manage experimental packages" を選択します。


上の方に "drastic" があるので、それを選択します。ちなみに、もし既にインストールされている場合は、"drastic (Installed)" と表記されます。


drasticを選択すると、"Install from binary" があるので、インストールします。インストールをするには、Wi-FiかLANケーブルのどちらかで、インターネットに接続されている必要があります。



インストールが終わったら、以下の画面になります。この画面になったら、インストール成功です。あとは右下の "Back" で最初にセットアップ画面まで戻ります。



"Perform reboot" を選択して、Retro Pieを再起動させます。


これでRetro PieでNintendoDSを動かす準備が出来ました。

次はゲームROMを入れます。



Retro PieにNintendoDSのROMを入れる



Retro PieにROMを入れるには、Retro PieのSDカードにアクセスしなければ、いけません。ROMの入れ方は数種類あるのですが、SSHを使う方法が一番便利なので、この方法を採用します。



まずは、PCとRetro Pieが同じネットワークに存在しているか確認して下さい。もしWi-Fiを使用しているなら、同じSSIDに接続されていないと、出来ないので注意して下さい。接続先のルータは同じでも、SSIDが異なると周波数等が違ったりして、通信できません。



下の画像のように赤枠に、 "¥¥192.168.x.x" を入力します。


※環境によってはIPアドレスが、172から始まったり、10から始まっていたりします。Wi-Fiを使っているならWi-Fiアダプターに設定されているIPアドレスを入れます。LANケーブルを使っているなら、Ethernetアダプターに割り当てられたIPアドレスを入力します。


ちなみにIPアドレスは、Retro Pieのターミナル画面で ifconfig と叩けば確認できます。



初めて接続すると、ユーザー名とパスワードが求められます。


ちなみにデフォルトのままだと、ユーザー名は "pi" です。パスワードの欄は空白のままで、ユーザー名だけ入力したらEnterキーを押します。



入力するとRetro PieのSDカードにリモートのPCからアクセ出来るようになります。Retro PieのSDカードに入ると "roms" というフォルダがあります。



今回はNintendoDSが目当てなので、NintedoDSのフォルダを探します。すると "nds" というフォルダ名で、nintendoDS用のフォルダがあります。このフォルダ内に遊びたいROMをコピペして入れれば、遊べるようになります。



drasticをインストールが上手く出来てなかったりすると、"nds" というフォルダは存在しません。ndsフォルダは、drasticをインストールすることで、自動で作成されます。



このフォルダにROMを入れたら、Retro Pieの方でEmulation Stationの再起動をします。



Retro Pieの画面上で、スタートボタンを押して、MENUを開きます。一番下の項目のところに "QUIT" があるので選択します。すると以下の画面が開きます。


ここで一番上の "RESTART EMULATIONSTATION" を選択します。するとエミュレータが再起動します。もしこの画面の開き方が分からなければ、Retro Pie本体を再起動させてしまっても問題ありません。




上手く出来ていると、NintendoDSのエミュレータが表示されます。


NintedoDSのところを選択すると、ndsフォルダに入れたゲームの一覧が表示されます。これでRaspberry PiでNintendoDSのゲームが出来ますね!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-電子工作

Copyright© 非モテ男の恋愛VPN , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.