LoT ラブオンテック

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のためIT活用ブログ

やってみた系/その他

Kali LinuxへのApacheインストール方法と使い方(設定)

投稿日:


Kali LinuxへApacheを

インストールする方法をご紹介します。

※Ubuntuでも同様です。



ApacheとはWebサーバを

構築するためのソフトウェアです。




Apacheをインストールしてから

起動、そして停止させるためには

以下のコマンドを打ちます。

apt-get install apache2
service apache2 start
service apache2 stop


それではインストールして、

少しいじってみましょう。



apt-get install apache2


でインストールします。

データサイズは少ないので

すぐに終わります。


インストールが完了したら、

service apache2 start


でapacheを起動させます。



これで、デフォルトですが

Webサーバとして機能を果たします。


ちなみに2行目のlosg -i

開いているファイル(ソケットなど)の

一覧を確認することが出来ます。



Apache起動中なので、

Apacheの文字がしっかりありますね。



service apache2 status

ちなみにこのコマンドでも確認出来ます。

こちらの方が詳しい情報を得られます。



Apacheを起動したら、

他のマシンから接続してみましょう。

http://x.x.x.x (サーバのIPアドレス)




しっかりと表示されましたね!



Apacheの設定を変更する



上の画像にようにIPアドレスだけを

入力するとデフォルトで用意されている

index.html の中身が表示されます。

このファイルは/var/www/html にあります。




ちなみにこのディレクトリに

ファイルを用意しておくことで、

クライアントがindex.html以外を

要求しても、それに答えることが出来ます。



試しに test.html を作ってみます。




エディタは何でもよいので、

中身を上の画像のように書きます。

適当に作ったので表示内容は何でもOKです。



ファイルの作成が出来たら、

http://x.x.x.x/test.html でアクセスします。

すると以下のように表示されます。



Apacheの設定をもっと

色々いじりたいという場合は、

/etc/apache2/ にある以下の

ファイルたちの設定を変更します。

apache2.conf conf-enabled magic mods-enabled sites-available
conf-available envvars mods-available ports.conf sites-enabled



例えば apache2.conf では、

apacheの全体的な設定を変更できます。



ports-confではApacheが

オープンするポート番号を設定できます。



ちなみに http://x.x.x.x/ファイル名 のように

ファイル名を指定してアクセスするには、

ファイルを /var/www/html/ ディレクトリに

置いておく必要がある、と説明しました。



これはsites-availableディレクトリの中にある

default.conf にドキュメントルートとして

/var/www/html が定義されているからです。






以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


-やってみた系/その他

Copyright© LoT ラブオンテック , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.