LoT ラブオンテック

非モテ男の、非モテ男による、【女の子にモテたい】非モテ男のためIT活用ブログ

やってみた系/その他

Kali Linux(Debian)にMongoDBをインストールする方法

投稿日:



Kali Linux(Debian系)に、

MongoDBをインストールする

方法をご紹介をします。



ターミナルを開いて以下のように

コマンドをうっていきます。


sudo apt-get install gnupg


おそらくgnupgは元々、

インストールされているかと思います。



次に指定したURLより、

MongoDBのGPGキーを

インポートします。

wget -qO - https://www.mongodb.org/static/pgp/server-4.2.asc | sudo apt-key add -





MongoDB用のファイルを作成します。

echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/debian buster/mongodb-org/4.2 main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.2.list




再読み込みします。

apt-get update




最後にMongoDBをインストールします。

apt-get install -y mongodb-org


インストールには時間は

あまりかかりません。



もし任意のバージョンを

インストールしたい場合は、

以下のようにコマンドをうちます。

sudo apt-get install -y mongodb-org=4.2.5 mongodb-org-server=4.2.5 mongodb-org-shell=4.2.5 mongodb-org-mongos=4.2.5 mongodb-org-tools=4.2.5



少しだけMongoDBの

使い方に触れていきます。

MongoDBの始め方


MongoDBの起動方法は、

以下のコマンドで開始出来ます。


sudo service mongod start



statusで状態を把握出来ます。

sudo service mongod status



またlogファイルは、

/var/log/mongodb/mongod.log

にあります(デフォルト)。




MongoDBをストップさせる場合は、

最後のところをstopに変更します。


sudo service mongod stop




ちなみにMongoDBには、

MongoDB Community Edition Package

というパッケージが用意されています。

・mongodb-org
・mongodb-org-server
・mongodb-org-mongos
・mongodb-org-shell
・mongodb-org-tools



MongoDBをもっと使いこなしたい場合は、

上記のパッケージについて、

調査してみると良いかもしれません。




以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


-やってみた系/その他

Copyright© LoT ラブオンテック , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.